男社会と女社会にはそれぞれいい面がありますが垣根はいりません。

このところ相撲で女人禁制問題が話題になっていますが、男社会と言われている相撲では土俵は神聖な場所であるから女性は上がる事はまかりならんとしているようです。男社会は他にも様々な社会で存在していますが、徐々に女性が進出してきています。男性が行う歌舞伎の女形の魅力や反対に女性が演じる宝塚歌劇団の魅力は異性が入る余地は無いように思われます。それはその通りだと思います。しかし、今問題になっています女人禁制は過去の因習と言うべきもので、伝統を嵩に押し通す事は、滑稽でもあります。今は、過去に女人禁制と言われていた社会も女性が登場していますし、現代の男女平等子社会にはそのような因習は馴染みません。いっそ女人禁制など完全に撤廃したらどうでしょうか。そうすれば、さすがにここまではという線が自然と出てきて、収まるところに収まるということになるのではないでしょうか。歌舞伎の女形を女性がしたり、宝塚の男役を男性がしたりしたら人気はなくなり、やはり今のままが良いとなるのでしょう。伝統は自然に生まれ、理屈に合わない伝統は自然に消滅するのでしょう。誰が考えても納得できる伝統のみが生き残る事になります。クレジットカード お金借りる