10連休、それぞれのお財布事情と経済効果は?

2019年4月末から5月の頭まで、前代未聞とも言える大型連休となりました。

旅行に出かける人、自宅でのんびりする人、近場にお出かけする人、過ごし方はそれぞれのようです。

そんな中、カレンダーとは関係なく仕事をする人も少なくないようです。

ところで、この10連休による経済効果はどれぐらいのものなのでしょうか。

報道によると、約2兆円の経済効果が期待できると見込まれているようです。

また、各家庭の10連休における予算は約4万7000円と言われています。

テレビをつけると、オフシーズンの何割も高い海外旅行ツアーに出かける人のインタビューや、改元を記念したセール、令和初日の出を飛行機から見る企画など、この予算約4万7000円をはるかに超えるものがたくさん見られ、消費ムードが高まっているようです。

しかし、その一方で、事前の調査で自宅で過ごす予定という回答が約7割、予算0円という回答は約3割だったそうです。

まもなく連休が終わり、いつもの日常に戻ります。

実際の経済効果はいかほどでしょうか。キレイモ 料金