暑い夏には自分なりの拘りのスイカが最高に美味い

暑い夏の時期にこそ美味い食べ物と言えば、やはり冷たいものが思い浮かぶのではないでしょうか。かく言う私も、実は個人的に最高に美味いと確信している食べ物が一つあります。それは、スイカです。これはもう夏の食べ物としては無敵だと思います。
しかし、スイカであれば何でも美味いわけではなく、食べ方にも私なりの拘りが三つほどあります。まず第一に、新鮮なスイカでなければ食べないほうが良いでしょう。第二に、スイカはキンキンに冷やしすぎてはいけません。井戸水で適度に冷やす程度が甘みが増して味は最高になります。そして第三に、塩を振って食べるのです。もちろん食卓塩などではなくて、本物の粗塩でなければなりません。これが私としてはスイカのベストな味わい方です。
ただし、こうした私の拘りは、あまり他人に勧めようとは思いません。そもそもスイカをどう食べるのかなど、人にとやかく言われることではありません。各自が自分で最高に美味いと思う方法で食べれば良いのです。人によっては砂糖をかけて食べたり、シャーベットのように凍らせて食べるのを好むこともあります。それはその人の勝手です。ミュゼ vio キャンペーン